2014年06月14日

イボニシの集団産卵

今日のベストショット

イボニシの集団産卵


今日の海の様子
6月14日 志賀島
天候:晴れ
水温:21℃
透明度:3m
投稿者:TAKA

今日は大潮。
午前10時くらいがちょうど満潮時だったので、
白瀬はとても狭かったです。
いろんなショップのダイバーが集まって、すごい人口密度でしたface12






水中はうねうね…
今日は志賀島がお初という一般ダイバーも参加されましたが、
第一印象はよくなかっただろうな~face14

で、今日はあちこちの岩肌でイボニシ(アクギガイ科)が集団産卵していました。
ウィキペディアによると、その数は数百から数千個体になるとか。

こちらもすごい人口密度face08icon11




先端が平たくなって白いのはイボニシの卵です。
一つの卵嚢内に130ほどの卵が入っているとか。




このイボニシは肉食系で他の貝を食べて育つので、
アサリ養殖業者からは毒害として扱われています。

一方、トリトンの水槽にも似たような貝が入っています。
イシダタミガイです。




これは水槽のコケを食べてきれいにしてくれる貝。
水槽マニアの方からとても重宝されています。

同じ貝でも全然扱いが違います…icon103


大潮のときはいろんな生物が産卵しますね。
南の海では今日か明日くらいにサンゴが産卵しているのでは…


さて今日はトリトンからまた一人ダイバーが誕生しました。
アキさんです。
おめでとうございますicon12






帰店後に、加圧トレにも挑戦しましたよ。
今年からトリトンのスクール(オープンウォーター)受講者は、
「加圧」か「ロミロミ」を受けることができます。




「えっ、そんなの知らなかったface08

すみません。
HPで当サービスのことをまだしっかりご案内していないので・・・face11
近々、内容を更新しておきますface16





  • LINEで送る


Posted by トリトンデイリィ at 17:19│Comments(0)最新ログ
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。