2016年10月25日

恋の浦『奥』

10月25日 恋の浦 奥
天候:曇り
水温:21℃
透明度:1m
投稿者:すわっち

今日は久しぶりの志賀島へ~♪
と車を運転していると...

「あれ!?他のショップさんが引き返してるface08icon108

きっと、海況が悪くて志賀島じゃ潜れないと判断し、
恋の浦へ行き先を変更したのだろう。

「よし!トリトンも今日は恋の浦へ変更だicon16

と言うことで車をUターンさせ恋の浦へ...

ちょっと遠回りしてしまいましたが、無事到着~♪
と思いきや...

あれ?!他のショップはどこも来てない...face12
しかも かなりうねってる...icon41
この海況で潜るのはさすがに厳しいな...icon11

「よし!今日は恋の浦『奥』へ行こうface11

と言うことで
いつもとは違うポイントの恋の浦『奥』へ行きましたface15icon12

帰るときにいつも車をUターンさせる場所ありますよね。
そのもっと奥に行った場所で、いつも潜る場所の裏側です。
正式名称は『京泊(きょうどまり)』といいますface02

器材セッティング場所はこんな感じface16



そしてここがエントリーポイントですface02icon12



今日はドライスーツ講習のこうへいちゃん(右)とオープン海洋実習初日のあっきー(左)がゲストですface02icon65

寒がりなスタッフはドライスーツですが、あっきーはただ一人ウエットスーツface10icon108
少しでも暖かくなるようにと”きき湯”をウエットスーツの中へface15



あっきー
「全然寒くないです。むしろ汗かいてます。僕、代謝が良いんですicon22
TAKAさん
「若いっていいなぁーicon198

そう、彼はまだ学生。
とても真面目でピュアな青年ですface02icon65

さて、恋の浦『奥』の水中の様子です!



講習中のあっきー



初ドライスーツのこうへいちゃん。
水深2~3mなのに浮かずに余裕の表情face02icon65







そして大きなマゴチ

残念ながら今日の透明度は1m程。
砂地が広がっている為、視界が悪かったです...

しばらく進んでいると...
なんと!!!!
船が沈んでいるではないですかface08icon59(笑)



タツナミガイも発見face02icon67





タツナミガイはアメフラシの仲間です^^

恋の浦『奥』は、砂地が広がっていて、
透明度が良かったら沖縄みたいに綺麗なポイントになるそうですicon126icon160
朝は二転三転してしまいましたが、
普段は見られない水中生物が見られて新鮮でした~face15icon65

















  • LINEで送る


Posted by トリトンデイリィ at 19:20│Comments(0)最新ログ
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。